HOME > 土地活用のご案内 > オーナーズボイス(地主様)

オーナーズボイス(地主)

  • 安城市
  • Y様

娘婿の提案で始めた定借マンション。
ご近所や入居者に気遣いもなく、毎日が気楽で安心です。

先代が守り築いた県道沿いの邸宅。しかし寄せる歳や、増加の一途を辿る交通量などを受け、平成11年に定借事業に踏み切ったY様のお話です。

 その昔、義父が建てた県道48号線沿いのわが家は、その立地から非常に便利は良かったのですが、車の交通量も増し、また晩年は肺を患っていたこともあり環境の良い場所に越したいと考えていた矢先、娘婿が提案してくれたのが定借事業だったんです。定借マンション事業の条件は非常に良いもので、話はトントン拍子でした。でもただ一点、将来本当に土地を還してもらえるのか?という不安は持っておりました。しかし、平成4年の借地借家法の改正により「土地は必ず還ってくる」という確証を得たことで、義父も快諾してくれました。結果的には義父が他界した2年後にマンションを建築しましたが、総じて今のところ満足しております。全てエイディーノウビさんにお任せし、仮にマンションの方が入れ替わっても、私どもはその報告を受けるだけ。従来のような溝掃除などもありません。自分たちで入退居管理や建物メンテナンスをする煩わしさから解放されたいと、今度私の友人にも定借事業を始められる方がいるほど。安心でオススメできる選択です。

  • 岡崎市
  • K様

シャッター通りショッピング街からの復活。
解体費用を差し引いても定借は満足の土地活用!

先代から続いていたショッピングセンターもバブル崩壊を受け寂れた状態に。古い建物の解体を経て定借マンション運用に切り替えたK様のお話です。

 今マンションが建っている土地にはショッピングセンターがありました。好景気の時は良かったのですが、その後の景気の後退や、郊外型大型ショッピングセンターに圧倒された結果、シャッター通り商店街に…。 しかし問題はそこからです。跡地を活用したくても「地下駐車場に地上3階建ての建造物」が邪魔をします。解体費用見積りだけでも5000万円と、土地を売却したところで間尺に合わない。もちろん建物自体の売却や再活用も考えましたが、どれも条件に合わない。そんな折、定借による土地活用に出会ったのです。解体費用も保証金から充当させてもらい、受け取り金額は目減りこそしましたが十分に満足しております。仮に自らでアパート・マンション経営などの土地活用を始めても、同時に苦労も発生しますし、毎月の安定収入が入ってくる現況に大変満足してます。

  • 春日井市
  • S様

難航した土地活用もエイディーノウビの定借運用で解決!
お寺もキレイになって感謝しています。

区画整理を機にエイディーノウビの定借マンション活用を開始したお寺さん。事前に受け取った「前払い地代」に、心にも余裕が生まれたとご満悦のS様のお話です。

 以前は戸建て賃貸事業をしていましたが、市の区画整理事業を契機に住民の方も退居され、後には広大な更地だけが残っておりました。その土地も私のものではなく、お寺である法人所有のものです。お寺が所有する手前、「土地を貸せても、借金をしてまで運用する」ことまでは求めておりませんでした。どうしたものかと思案に暮れていた折り、エイディーノウビさんを紹介され土地をお貸しすることになったのです。契約時「前払い地代」として頂いたお金は貯金しておりますが、当時私どものお寺も改修工事を抱え、何かと「入り用」だったこともあり、その貯蓄のおかげで心のゆとりを持て、定借にして本当に良かったと思っています。あえて心配するとすれば、自分の亡き後にちゃんと更地で返還されるのか?ということぐらいです。それが履行されたのなら、再びエイディーノウビさんにお貸ししたいと考えていますよ(笑)。